ABOUT

空飛ぶ羊は
モンゴル雑貨や手作りフェルトを販売する
移動ショップです
代表のアリューンダリはモンゴル国ウランバートル市の出身。
大学で日本語を学んだ後来日しました。

故郷モンゴルのフェルトの良さを知って頂きたく、各地のイベントでご紹介しています。

フェルトはモンゴルの遊牧民の生活で欠かすことができません。年に数回、本当に必要な荷物だけを持って生活の拠点を移動するため、大きな道具を使わないフェルト作りは彼らのスタイルにフィットし発展しました。

モンゴル原種の羊の毛を″ケンプ毛″と呼びます。品質改良された柔らかい羊毛と比べ、硬くて中が空洞で空気を多く含みます。厳寒地-30℃のケンプ毛は、通気性・保温性・撥水性に優れ、やさしくワイルド。自然の恵みには不思議なパワーがあります。

「空飛ぶ羊」製品が、現代日本の生活のヒントになれば嬉しく思います。

ITEM

ルームシューズ
モンゴル原種の羊毛を使ったオリジナルシューズ。
職人がひとつずつ丁寧に作りました。少々の水濡れにはびくともないタフさと温かさ。一度履いたら手離せません。

毛糸
モンゴルのキャメル100%/ヤク100%の毛糸は、自然素材を求めるみなさまに大好評です。キャメルは黄土色、ヤクは濃グレーと薄グレー。原毛そのままの色です。
原毛
「モンゴリアンメリノ」と「モンゴル原種の羊の原毛」をご用意しています。手紡ぎやフェルト作りにどうぞ。
原毛
「モンゴリアンメリノ」と「モンゴル原種の羊の原毛」をご用意しています。手紡ぎやフェルト作りにどうぞ。
靴下
「空飛ぶ羊」ロングセラー品です。かかととつま先を羊毛で補強したNEWバージョンになりました。そのままでもじゅうぶん温かですが綿や絹のソックスとの重ね履きもおすすめ。
ゴム部分スパンデックス6%+ナイロン4%使用
ひつじのラクダ?
「空飛ぶ羊」のマスコットラクダです。
茶色いラクダはキャメル100%、白いラクダは羊毛100%です。みっちりとしまったハンドメイドフェルト。お好きな顔を選んで下さい。
草木染フェルトショール
ブルーベリーや葉っぱで染めたやさしい色合いのショール。フェルトを均一に薄くするのは熟練の技が必要です。それぞれ1点ものになります。
草木染フェルトショール
ブルーベリーや葉っぱで染めたやさしい色合いのショール。フェルトを均一に薄くするのは熟練の技が必要です。それぞれ1点ものになります。

プロフィール

代表:プレブドルジ アリューンダリ (Purevdorj Ariundari)

1982年モンゴル国ウランバートル市生まれ
2003年文化教育大学(ウランバートル)日本語科卒業 
2003年東京デザインフェスタ出店のため初来日
2009年大阪観光大学国際観光学科卒業
2011年京都工芸繊維大学大学院先端ファイブロー卒業
2011年「モンゴル羊毛展」京都国際会館にて企画・展示
2014年「空飛ぶ羊」設立

人々はどこに向かって走っているでしょうか。
年に1度帰省しウランバートル市街を眺めながら思います。
人や物で溢れ、私が知っている街はなくなってしまいました。

しかしまだ変わってないところがあります。
バスでは自然と老人に席を譲り、知らない人でも足がぶつかれば握手。みな親切に声をかけてくれます。
この国この街のために何ができるのかを自問し、わたしにはフェルトの仕事が合っていると思いました。

モンゴルは昔から羊を飼いフェルトを作って生活してきました。
原種のフェルトは優しくワイルド。モンゴル人と似ています。
現在ではお金儲けのために原種の羊毛を大量生産したいと思う人もいます。でも私はできる限り原種そのままを使いたい。羊毛を操る才能豊かな作家も増えてほしい。楽しく意味のある仕事がしたい。

「空飛ぶ羊」は私を育ててくれた家族やモンゴルへの恩返しでもあります。スローでも途切れずに活動していきたいと思っています。

CONTACT